ボーカル戸澤の問答無用日記


■2010年12月号                                           NO.116
本当に時間が流れるのは早い、と感じます。
もう12月、もう忘年会、もうクリスマス、もう年が変わる・・・。
そして、DR.SNUFKIN企画「年末スペシャル!」です!

喉の腫れはひきません。
乾燥がひどいのでしょうか?
職場での忘年会イベントで歌を歌うことになりそうです。
何を歌えばいいのでしょうか?

ウィーザーの新譜を買いました。
CDを買ったのは半年~1年ぶりくらいです。

素晴らしかった!
やっぱり好きです!

創作への意欲が湧きます。
それと、ハスキン磯部君のアルバムも買いました。
よかったです。
あの熱い歌いっぷりがやっぱり好きです。
「ストレートで熱い」 一番似合ってます。
自分のやりたいこと。
他人が求めるモノ。
そこにギャップがあることもあります。
一致することもあります。
それぞれのバイオリズムが離れたり、近寄ったり。
グルグル回ったり、上がったり下がったり、クネクネ曲がったり。
とにかく、止まっていないんです。
いいことです。

職場での忘年会。
出し物の練習で、パフュームの楽曲が響いています。
「繰り返すあのポリリズム~♪」
少女時代とならんで、気になる存在となりました。




■2010年11月号                                           NO.115
11月も後半に入っていますが、11月の日記です。
喉の痛みが慢性化しています。
空気が乾燥してるんだな、きっと。
風邪やインフルエンザに注意です。
予防接種はうちました。
今年初めに新型インフルエンザにかかったので、免疫はできてます。
この冬は季節性インフルエンザが流行るらしいです。
皆さんご注意を。

新曲、1曲はかなり前から出来てます。
が、歌詞がありません。
「年末スペシャルまでには書けるかな」と安易に考えてましたが、書けないもんです。
いつもの事ながら、びっくりしています。

さて、とある週末にアンパンマンミュージアムに行ってきました。
なかなか子供たちとゆっくり遊べる時間もなく、たまのお休みにパパちゃんハッスルです。
入場料「3歳以上は1500円」 なかなか考えた料金設定ですね。
大人は基本的に行きません。
が、子供が行くとなると同伴しないわけにはいかない。
ジャムおじさんやバタこさん。
パパさんは初めて聞く名前ばかりで、2歳の息子に教えをこうむるばかり・・・。
1500円は勉強代です。
子供は一生懸命アンパンマンの世界を説明してくれました。
可愛いですね。
夢の世界というか、子供の世界というか。
「夢」って大切だな。
何かを信じたり、何かに心躍らせたり、何かを好きになったり、何かに夢中になったり。
当然、覚める時、つまり現実と向き合う時もあるわけだけど。
でも、追いかけていく時のパワーって、素晴らしい。
追いかけるからこそ、進むわけで。
追いかけるからこそ、成長する。
今の自分は何を追いかけ、何に向かうべきか?
と、考えてみようと思ったが、やめた。
家に帰ってちびっこと風呂に入り、ご飯を食べ。
寝る前に明日夜のスタジオの事を考え。
明日になったら、仕事をする・・・。

「出来る事をやる」という結論になるのは目に見えてるから。

これでいいのだ!




■2010年10月号     秋                                     NO.114
更新、遅くなって申し訳ありません!
ずいぶん秋らしくなりました。
風邪をひいたなんて話もよく耳にします。
自分は喉の違和感があり、花粉の影響も感じます。

① 中津川へ蕎麦を食べに行きました。
両親や親せきを交え、岐阜県中津川市へ蕎麦を食しに行きました。
途中、道の駅で「五平餅」「鮎の塩焼き」などなどいただきながら、息子が親族のちびっこ達とはしゃぐ姿を眺めながら、山道をドライブし、車3台での小旅行。
繁盛店らしく、30分程並んで店in。
お目当ての松茸蕎麦は、今年はまだ出ておらず、泣く泣くざる蕎麦をいただきましたが・・・。
うまかったです!
お変わりしようとしましたが、お店の人があまりの忙しさで注文を受けてくれなかったのが残念!(笑)

続いて、山道を走り高原の牧場へ!
馬やロバや羊やヤギや・・・ウサギと子豚に首輪をつけて子供たちは触れ合い。
先月も言いましたが、基本的に出不精な自分は、まず来ないだろう場所ですが、子供のおかげで、色んな場所や新しい楽しみが増えました。
キャッキャ言って走っている息子を見ていると、嬉しくなります。
中津川市街で晩御飯を食べ、降り出した雨や高速渋滞と戦いながら、結局22時帰宅、それから子供を風呂に入れ、翌日は仕事・・・。
心地よい疲れとはこのことで。

② いよいよ我が家にも「地デジ対応TV」がやってきました。
BSアンテナも設置しました。
これまで知らなかったけど、世間では多種多様な放送がされてたんですね。
ちょうど、設置お試しキャンペーン的な感じで、色々なチャンネルを無料で見る事が出来ます。
即、アニメ番組がヘビーなローテーションでございます(笑)
ハードディスクレコーダーしかり、時代にゆっくりついていきます。

③ 干物がよい。
最近の晩酌のお供は、めっきり干物です。
あなご、かわはぎ、小魚・・・ 蒲郡あたりのお店をまわってみようかと思っています。
やっぱり秋は食が進みます。
4月の健診で体重増をDrより注意されましたが、あと半年。
秋~正月を迎える、これからが勝負だと思います!
月の後半には京都・大阪でのライブも控え、ますます食欲との戦い!
己との戦いが待っている今日この頃・・・




■2010年9月号                                            NO.113
本当に9月に入ったの?
我が家のエアコンの設定温度が1度上がりましたが、まだまだ暑い日が続きます。

さて、8月を振り返ると・・・子供のおかげで夏を楽しめた気がします。
(1)「愛知県民の森」で川遊びをしました 新城市の奥にあります。
キャンプ場やバンガローや散策道や滝や、大自然の恩恵を浴びる事の出来る場所です。
そこには整備された川があり、子供と遊ぶには最適です。
川に入ったのは15年ぐらいぶりになります。
冷たくて本当に気持ちいい!
はしゃぐ子供の顔がたまらなく可愛い!
家電のマイナスイオンとか全然信じていないけど、そんなのを浴びた気がする澄んだ空気!
基本的に出不精なので、子供がいなければ来ないと思いますが(笑)、だからこそ来られた場所。

(2)プールに行きました 川で味をしめた自分。
男同士で今度はプールへ!
流れるプール・波のプール。
スライダーはまだ早いですが、小さな浮き輪を借りどんぶらこっこと子供と遊ぶ。
更衣室での着替え~プール~休憩タイム~プール~着替えの流れ。
とにかく日常的にあまり接してないため、全てが新鮮&四苦八苦な自分。
子供は結構楽しかったようで、今でも波のプールの話が出ます。

(3)8月28日「30歳以上を信じるな!」ライブ 「信じるな」と言いながらオーバー30演者の共演!
自分達にとっては大変貴重な機会。
また来年も是非出演したい!!!

いい加減、涼しくなり始めてもいいんじゃないか?
2010年の夏。

楽しかったけど暑かった!!!




■2010年8月号                                            NO.112
もう8月です。

一年の折り返しをとうに過ぎ、「暑い暑い」と日々をなんとかやってます。
猛烈に暑かった日には、日中フラフラで、心臓も軽くあおってました。
なんとかかんとか三十代であるこの体は、それでもなんとかやり過ごせますが、 高齢の方や、小さな子供さんは本当に気をつけないと。

さて、今年の夏の目標である「BBQとプール」ですが。
7月中に無事クリアしました。
BBQは我が家の庭先で、我が親父様主催にて。
友人皆、小さな子供たちを連れて遊びに来てくれました。
「外で飲んで食べる」という行為は、なんともいいものです。
うまさが増します。
子供達が花火ではしゃぐ姿は、なんともいいものです。

プールについては・・・
我が家の座敷犬用のお風呂として使っていた桶。
こいつをしっかり洗い(親父様が)、2歳半を過ぎた息子とプーリングです。
凄く楽しそう。
ホースの水でトンネルや踏切を作ってやると、目一杯の笑顔でくぐり抜けて行きます。
これでプールは十分です。
まだ「泳ぐ」
今度は海に連れて行こうかと思ってます。
「波」という自然の力に触れさせてあげたい。

そしてお盆が来ます。
最近すっかり体重の事を気にかけていません(笑)
嫁の実家や旧友との宴が楽しみです。

そしてそして、今年の夏を締めくくるライブを28日に控えています。
楽しみで仕方ありません!

とにかく暑さに気を付けて、体調を崩さないよう頑張ります。

オレ!




■2010年7月号    夏だ!                                     NO.111
プールや海に行かなくなって、何年が過ぎただろう?
数年前から腹まわりにボリュームができ、初めは気にしていたが、海パンになる機会も無ければ、気にする事はなく時は過ぎる・・・。
そうこうしているうちに、開き直ってきた。
そんな年齢を、今月迎えるのさ、38歳!
夏生まれですから、夏は大好きです。
でも最近はエアコンLOVEです。
だって、子供が寝苦しくて起きちゃうから。
しょうがなくつけっぱなしです。
エアコンに慣れきった体。
日中はフラフラします(笑)

さて、7月はライブが2本あります!
11日は旧知のトレマさんレコ発@名古屋!
17日は地元豊橋にて、DR.SNUFKIN元ベース MASAKATU SUGIYAMA率いる、ボタニカルライフ&藤井めぐみちゃんバンドとのスタジオライブ!
楽しみだ!
ボニカのライブ中はブブゼラを吹き鳴らそうと思います。
誰か、貸して下さい!

BBQやったり、プールに行ったり。
今年は、夏らしい夏を過ごしてみたいな!




■2010年6月号    『怒る』と『叱る』の違いとか、よくわかりません            NO.110
2歳の息子と3カ月弱の娘に囲まれ、忙しくも楽しい日々。
仕事を終え帰宅すると、お風呂に入れるのは親父の仕事。
空腹で若干イライラしながらも、夕御飯にむけエンジンを吹かす。
これをすまさなきゃ、ありつけない。
ビアーや御飯にありつけない。

そして夕御飯をむかえる。

我が家では「戦いの時間」と呼んでいる。
上の子は、お皿やコップをひっくり返すのが楽しいようで、食べ物で遊びだす。
ちゃぶ台下のラグは食べ物のシミやカスでやんややんやのモッシュピット・・・。
下の子は、抱っこしていないと泣き出す。
寝たと思ってベッドに寝かせると、察知してまた泣く。
結局、抱っこしながらの食事となる。

下の子をかまっていると、上の子がやきもちをやくのか、暴力的になる。
コップを投げる。
皿を投げる。
ご飯を投げる・・・。
そして、下の子をひっぱたき、ひっぱり、噛みつく。
親父、箸を置き息子を怒る(叱る)・・・。

出産に伴って配布された育児本などには、「怒っていけません。叱ってください。」
「下の子にどう接したらいいかを優しく教えてあげましょう。」
「ひどく怒ると、『自分は要らない子なんだ』と感じてしまいます」
「叱った後は抱きしめてあげて下さい」などと書かれている。
ところが、まだ首が座ってない子なので、悠長な事は言ってられません。
瞬時に、「うぉら~!だめだぞ~!」と、とにかくでかい声が出ます。
時にひっぱたきます。
最近、息子と握手をしようと手を差し出した際に、頭をおおうようなポーズを取りました。
叩かれるのを防御するようなポーズです。
なんだか胸が痛くなりました。
しかし、しかしだ!
いけない事はいけない。
三つ子の魂百まで。
親は揺るがない信念を持って、全力を振り絞って接していけばいいんじゃないのか?
そうして共に、遊び、食べ、笑い、怒る。
最近自分を悩ますのは、そうした信念をぐらつかせる、子育てマニュアル的な物である。




■2010年5月号    束の間の独身生活&町内神社三百年ご遷宮            NO.109
愛する妻、そして二人の子供はともに妻の実家で。
「旦那は寂しく一人生活」も2ヶ月弱。
すぐ隣に両親や兄弟が住んでいるので、食事は親にお任せ、気ままな37歳、束の間の独身生活。
別で生計を立てるようになって、ともに食事をする機会も減ったが、なんだか結婚前を思い出す。
昔はこんなふうに、ワイワイガヤガヤと飯食ったり、TV観たりしてたもんだ・・・。

そんな生活から離れ8年近くになる。

久々に食卓を囲むと、「みんな年食ったんだな~」と、感じる。
まずもって、親父とともに食卓を(平和的に)囲むという時が来るとは・・・。
親父と息子・・・まず喧嘩ありき。
だと思っています。

一応説明しますが、親兄弟とは毎日顔あわせてますよ。
ウチの玄関出て2秒で母屋の玄関ですから・・・。
ただ、別棟ということです。
しかし、すこぶる「自由」である。
目覚まし時計以外、眠りを邪魔するものはない。
仕事以外、生活のリズムを束縛するもなはない。
洗濯以外、家事的作業は特にない。

しかししかし、こんな日々が続いたら、この「自由」の有難さは忘れてしまうのだろう。
「不自由さ」があるから、「自由」の有難さを感じられるのだろう。
「自由」ってなんだい? ・・・なんだか、女性を的にまわしてしまうような内容ですか?
いやいや!散々奥さん方、「亭主元気で留守がいい」なんて言ってんでしょ!
その逆で、「家族元気だオレは外(で遊ぶ)」みたいなもんでさ。
ありがたいことですね。
幸せ者ですよ。

さて、5月1・2・3日と、町内あげて力を注いできた神社の三百年式典(ご遷宮)がとり行われました。
思い起こせば5年前・・・
当時町内の総代(現行名称:自治会長)だった親父のもとに、「遷宮で雅楽をやりたい」と、町内のある方が訪ねて来られた。
田舎なんで、やれ消防団だの、自警団だの、町内会だの、子供会だのと色々あるわけで。
特に若手男衆が関係してくるのは、消防団、自警団。
基本的には地場で農家をされている方や商売をされている方達が、主なメンバーとしてやっておられるんですが。
早朝や夜間の消防訓練や、火事があったら手伝いに行き。
お祭りがあればのぼりを立て・・・。
その他、色々ある(らしい)。
なんせ、ニートな青春時代を過ごした私としては、当然参加協力することもなく・・・。
で、なんの因果か地元で商売をさせて頂くようになり、生活も少し落ち着いてきたころで。
多少は町内のお役を受けてないことに負い目も感じたりしてたタイミングで。
少なからず、「生まれ育った町への貢献ができたらな」と思ってしまうのは、田舎生まれの長男坊の宿命か。
親父から「手伝ってやれ」と言われ、「その負い目から少しでも解放されるなら」と受けてしまったことが始まり・・・。
「笙」という楽器担当となりましたが、未知な世界。
雅楽には洋楽的な一定のリズムはない。
調子は「いち、にー、さんー、しーいーっ」と、4から1に戻る間(あいだ)に独特な間(ま)が入る。
あとは「お互いが調子をあわせながら」演奏する。
とにかく大変だ。
今回の遷宮に向け、町内役員たちの話し合いが行われる中で、雅楽は発足したばかりで発言力はないポジション。
ですが、雅楽を立ち上げた方(70代)が先走っちゃう人で、神社衆(お宮総代)と正面衝突(笑)。
そして複雑骨折な関係に(涙)。
ま、神社衆ってのも、お宮に集まってはお酒を飲んで。
お金は使うが収支の管理はできておらずで・・・。
「どっちもどっち」なオジサン達のいざこざ。
田舎につきものな面倒くさい話。
で、雅楽に参加してるってことで、自分は神社衆からはなんだか煙たい者扱いを受けているように感じられたり・・・。
でも、そんな事も言っておれませんよ!
1日昼の式典、夜(末社から本殿へ神様を移す「ご遷座」と言われる神事で、神様を中心とした行列が街頭や住宅の照明も消された暗闇の中を練り歩く。厳粛!)、2日昼の式典、3日昼の式典での雅楽奉納。
プラス、2日午前のお宮参り(我が子のね)、3日午前の稚児行列(こちらも我が子)参加と、猛烈な3日間!
あっちゅう間に駆け抜けた村の祭り!
祭りの後は、「ふっと」なんだか寂しかったり・・・。

知ってるおっちゃんおばちゃん、知らないおっちゃんおばちゃん。
知ってる同世代、知らない同世代。
田舎で生きていくにあたって、顔を合わすことが出来たことは、良かったんじゃなかろうか。
祭りも終わり、落ち着いたとこで、妻&キッズも帰宅。
にぎやかな生活が始まりましたよ!




■2010年4月号    我が家に春が来た!                           NO.108
今年の春の入りは雨が多かったですね・・・。
隣の家は大家さんで、竹林が広がっています(迷惑なくらいに・・・)
ときどき、ウグイスが鳴いています。
まだ、若い鳥のようでうまく鳴けていませんが、練習を積み重ね綺麗な鳴き声を聞かせてくれるでしょう。

さて
3月9日
第二子が誕生しました!

予定より一カ月近くも早く生まれてきましたよ。
自分は年度末やらなんやらで仕事がバタバタしてる最中で、そこに急なことや転院やらと重なって・・・出産。
あまり記憶がありません。
ベイビーは小さく生まれてきたので、しばらくNICU?室に入院していて、会うにも二重三重の扉を入って・・・。
無事退院し現在は嫁の実家にいます。
そんなこんなで、親父としてはピンとこないんです。
ビシッとピンとこないとでも言いますか。
母親と違い24時間一緒に過ごすことは出来ません。
なかなか、頻繁に会いに行く事も出来ないし・・・。
我が家に戻ってきて、一緒に生活するようになって、初めて少しずつ実感するのでしょう。

ま~、とにかく親父にそっくりで!

ってか、息子が生まれた時と同じ顔!

いやいや、楽しみだ!

素敵な春となりました!




■2010年3月号    サクラ、咲け! 解放せよ!                       NO.107
豊橋の向山にある梅林公園では、梅が咲き乱れております。
近くを車で通りかかった際、ふと窓を開けると、梅の香りがほんのりと車内に・・・

春ですな!

そしていよいよ桜の季節がやってきます。

よくDR.SNUFKINを季節に例えると、「秋」と言われることが多いですが、個人的には春が好きです。
最近は暖冬、とりわけ東海地区・豊橋は全国的にみれば温暖な気候だとは思いますが、それでも冬は寒いです。
身を縮こめて、まだかまだかと寒さを耐えしのび、厚着をし、暖房を愛し、ヒートテックにお世話になり、やっとむかえたこの季節。

春夏秋冬の中、第一回目の解放の時!

別れて、出会って、忙しい3月~4月。

梅林公園横には桜が名所の向山公園があります。
職場や仲間同士での花見客でいっぱいです!
心地よい気候の中、桜を眺めながら酒を飲み、上手いものを食らい、大声で笑う。
夜桜なんて、また美しく。

ボクは桜が大好きです。

この時期はいつも同じことを言っていますが、今年ももれずに言います。
桜から感じられる様々な感情は、日本や日本人のアイデンティティーだと思っています。
アイデンティティーって、意味がよくわかっていませんが、ルーツというか拠り所というか・・・
遺伝子の中に刷り込まれているんじゃないかと。
ま、難しい話は置いといて。

もうすぐ春ですね!
寒さで凝り固まった体と心を開放してやりましょう!




■2010年2月号   病は気で治せ!という気合で臨め!と、ご利用者に言われた!   NO.106
1月のとある日曜日・・・
ハックフィンでのライブ。
とても楽しかった・・・。
翌、月曜日、多少寝不足気味だったが一日の仕事を終えた。
翌、火曜日、変わりなく出勤し仕事をしていたが、午後からなんだか顔が「ぽー」っとしてきた。
腰も重たくなってきた。
関節もダルイ感じに・・・。
近所のドラッグストアーに駆け込み、「渇根湯ドリンク」を購入しグビる。
若干の寒気を感じつつ帰宅。
入浴しようと服を脱ぐと、全身が「ブルブルッ!」寒い!

THEおかん!

いや、悪寒!

就寝前には38.5℃ 翌日寒気を感じつつ出勤し朝の業務を終え、受診。
検査の結果は「新型インフルエンザ」。
散々世の中で話題となり、最近じゃ「ワクチン余ってます」と言われるほど落ち着いた感があったが、新型は新型。

遅れて来た新型野郎!

水曜の午後より自宅療養(~土曜まで欠勤)!
自宅では嫁&息子に感染しないよう、家庭内別居生活。
幸い、木曜には熱は下がり、以降時間を持て余す。
少し考える・・・。
仕事が気になる・・・。
他に考える事はないのか?
なんて思いつつ、十数年前の無職時代(都合2年程)を思い出し、いつでも簡単に戻れそうな気がした。

いや、戻ってしまうな、と。
若干の昼夜逆転も始まりだし、あの頃の悪夢がよみがえる・・・。

あてのない不安。

あてがない不安。

やってくる「明日」。

「何がしたい?」

「自分に合った仕事とは?」

「将来」

「いや、そもそも仕事とは?」

「いやいや、生きるって何だ?」

そんな自問自答の「負のループ」迷宮に入り込む・・・。
頭でっかちになり、一歩を踏み出す行動力がない・・・。
自分で稼いだお金がない。
やりたい事ができない。
欲しいものが手に入らない。
だんだん落ちていく・・・。
別に今でもその答えはわからない。
ただ、今はやるべき仕事がある。
その「やるべきこと」があることが、どんなにありがたいかと、痛烈に感じた。
人間、誰だって楽はしたい。
何もせず生きていけたら、それはそれでよい。

でも同時に

「誰かの役に立ちたい」

「何かをやり遂げたい」

「これをやった!」

「成し遂げた!」

そういった、必要とされたいとか、やりきった自信とかを生きるエネルギーにしているんだと思う。
自分は、「やる事がない」という状況はとにかく辛かった。
そんな事を思い出し、現状がどれだけ恵まれているのかを感じた自宅療養でした。

よし!我が家恒例の節分の豆まきで、厄を投げまくって、追い出すぞ!!!




■2010年1月号      迎春                                    NO.105
明けましておめでとうございます。
年が明け、また一つ年を重ねました。
「40歳」の声が聞こえ始めた、アラフォー(古い?)でございます。
昨年末、職場のお客様に「あんた、最近肥えた(ここら辺りでは太ったことをこう言います)ね~」と言われました。
皆さんはお気づきでしたか?見ればわかりますか?そうですか。
太ってますよ!腹まわり含め全体的に!
この日記がアップされる元旦は、親族飲酒バトルの真っ最中だと思います。
ここ数年、そんな正月を送っています。
世間で言う、「寝正月(飲食含む)」ですが、これがベストだと思います。
とても心地よいです。
そのままの勢いで、一年間突っ走ってる感じがします。
そりゃ太りますな。

今年は新しい「曲をいかに作り上げるか」です。
遠距離のメンバー同士で知恵を出し合いたいと思います。
「作るぞ!」という気持ちがあるか無いかだけだと思います。
簡単な事ではないけれど、難しい話ではありません。
「やるか」「やらないか」だけです。

あと、わたくし事ですが、春頃には第二子が生まれる予定です。
ますます頑張って働かないと!ととと!!!

マイペースにはなると思いますが、今年も歌います!

楽しい事がいっぱいの一年でありますように!

今年もよろしくお願いします!!!







© 2001-11 TIPLAN RECORDS ALL RIGHTS RESERVED.