ボーカル戸澤の問答無用日記


■2009年12月号      「SONGSな旅終わる」                        NO.104
このアルバム・ツアーも色々なコトを教えてくれました。
スガチャンが抜ける事になって、強行スケジュールで大阪レコーディング決行!
「Rec期間中なのにまだ歌詞がない」ってな具合から始まって・・・。
リリースを色々な方達に相談して・・・。
レコ発ってやつを久々に組んで(といっても、遠藤君に助けてもらいましたが)・・・。
ここ数年やってなかった事をする機会も増え、落ちも沢山あり・・・
集合場所や日程調整、スタジオや宿の予約、タイムテーブルの作成、連絡。
ライブ前は金曜の夜に眠たい目をこすりながら11時頃スタジオに入るんですが、そのスタジオを予約し忘れてたり(現地まで行って「予約してないですよ」って言われる辛さ)。
レコ発なのに物販用の新譜CDを1枚しか持って行ってなかったり・・・。
レコ発を受けてくれた方への連絡を忘れてたり・・・。
そういった基本的なところが、すでに出来てない・・・。
メンバー全員、どうしても平日は仕事に追われてしまう。
そのスイッチを切り替えるのはすっかり疲れきった状態で臨む前夜のスタジオ。
そこでどんだけ踏ん張れるかが勝負!
しかし気合いだけじゃカバーできないものもある・・・。
嗚呼、オレ・・・。
嗚呼、言い訳・・・。
ライブは・・・・・
その場の雰囲気に飲まれてうつむいてしまうこともあったかもしれない。
その場の雰囲気に助けられた事もいっぱいあったと思う。
本当なら自分達が放たなければいけないものを逆に沢山もらう事もあった。
全てはどんな状況でも「バシッ」と決められるようになるために。
前に向けて吐き出す強い気持ち・・・。
その一点のみ!
それをやって結果がダメだったら、それはそれでいいんだよ。
楽しく酒が飲める。
今までもそうだった。
やりたいことが出来ない事ほど、辛い事はない。
酒もうまくない。
新体制となって6か月・・・
みんなよくやったよ!
がんばろうぜ!
お世話になった皆様、本当にありがとうございました!!!




■2009年11月号      いよいよ冬か!                             NO.103
東名・富士ICから139号線で北上し富士の裾野を抜けていく道中。
いわゆる「高原」が広がり、牛が放牧され、ハングライダーの体験ができるトコもあったり・・・。
いやいや、いいところですね~。

車中ずっと、「空気がうまい!」を連発してました。
以前、九州の阿蘇の山々を抜けて走る高速道路を走った時と近い感じ。
大自然の中を不自然なまでに突き抜ける道路。
絶景!

はじめての山梨。

山道を下ると突然に開ける甲府CITY。
温かく迎えて頂き、感謝。
打ち上げに出れなかったのが、なんとも心残りですが、素敵なハコでした。
ありがとうございました!

名古屋もまた最高な夜。
詳しくはBBSで・・・。
本当に「ありがたい」という気持ちでいっぱい。

さて、今月は沼津&岐阜&大阪&豊橋!
いよいよ終盤戦を迎えます(一気に!)

秋から冬への変化を感じるこの頃、 風邪などひかないように皆さん気をつけて下さい!




■2009年10月号      いやはやなんとも                           NO.102
久々に「レコ発」と銘打ってのライブがスタートしました。
10月は甲府、名古屋とでライブします。

そして、レコ発とは別で11日(日)下北沢ガーデンなる場所でライブします。
どれも楽しみです。

甲府のカズーホールの近くには「タイショウケン」なる、つけ麺発祥の店(本店か否かは存ぜぬ)があると、コンスト・コジー&うちの石田君との会話を盗み聞きしました(笑)
これは行かねば!

しかーし!
ライブ終了後はとんぼ返り・・・。
なぜなら、翌日(名古屋のライブの日)は奥さんの実家の法事に朝から出席します!
で、法事終了後にハックに向かいます。
つまりは、「トザワ・リハなし」でございます。
今回のコンストとの旅は週末限定ということもあって、移動距離があり、ゆっくり打ち上がることができなさそうです・・・。
そこが非常に残念!
つらい。
寂しい・・・。
「せっかくの機会なのに・・・。 素敵なバンドなので、一緒にバカやりたいんですが・・・。 しょうがないね。ツアーのお相手をしてもらうだけでも、感謝しないとね!」
って言いながら、色々作戦を練って、必ず飲む時間を作り出す算段ですが!

「SONGS」は皆に届いているかな?

どんなふうに感じてくれているだろう?

少しだけメランコリックな秋の夜長・・・




■2009年9月号      いやはやなんとも                           NO.101
秋は秋で就寝時の室温コントロールが難しく、朝起きると体が冷え切ってる今日この頃。

窓を開けて寝るか?
扇風機は?
エアコンは?

仕事柄、新型インフルエンザが気になります。
マスクをまとめて購入しました。
手指消毒液が品薄で困ります。
準備は大切です!

さて、選挙は歴史的な結果となりました。
自民党は外交や国防についてもっとアピールすべきだったと思います。
「民主党ココがいい!」
と言うよりは、
「自民党にあいそがついた!」
ということですかね。

高速無料、子供手当、農家への補償・・・、実現されることを望みます。
でも国債発行でまかなうのであれば、やめてもらいたい。
子供が減って、高齢者が増えて、どう考えても税収は減ります。
官僚主導から政治主導へ!
「予算は捻出出来る!」と。
是非、成し遂げて頂きたい。

レコ発がいよいよ始まります。
レコ発でありながら、同時進行でバンドを作り上げていく意味もあります。
ツアー先での新たな出会いにも胸膨らみます。
センターで歌うか、サイドで歌うかも色々試すと思います。
ひっくるめて、楽しみです!

しばしお待ちを!




■2009年8月号      Re:Start                               NO.100
新ベースを迎えての初ライブも無事終え、9月からのレコ発にむけて精進の日々・・・。
菅沼君が抜けた事で感じるあれこれ・・・。

「ライブをする」
「スタジオに入る」
といったバンドマンにとって何気ない事、あるいは期日がある物(お誘いへの返答、メンバー間調整時の連絡、コラム・・・など)実はメンバー自身の調整力がとても大切なんです。
自身のスケジュールの管理、時間の管理、機材の管理などなども大変重要です。
例えば、「○月△日にライブのお誘いを頂いた」「□月×日にスタジオを予約する」といった場合、「その日の自分の都合は?(仕事なんかの都合とか)」「何時に出れば間に合うか?」。
具体的な当日の流れを言えば、「何時にどこで合流し次に誰と合流し何時に目的地に着くように動くか・・・」みたいなことです。
全部ひっくるめて言えば、「自身のマネジメント(管理)能力」「バンドのマネジメント(管理)能力」がとても重要なわけです。
予定を立て、それをいかにスムーズに行えるか考え、そして実行する・・・。

しかし、予定はあくまで「予定」!
突発的な出来事は逃れられません。
仕事、交通事情、寝坊、色んなものの締切期日、スケジュールの確認ミス、冠婚葬祭、あれやこれや・・・。

しょうがない。

その、しょうがない上でいかに動けるか。
ここで大切なのは、その「突発的な出来事」あるいは「予定どおりにいかない事態」が起こった際にいかに早く対処するかということです。
早めの予定、早めの連絡を取り合うことで早く対応ができます。
早く対応が出来るということは、それだけリスクを軽減できます。
「損」を軽減できるのです。

皆、それぞれ遠方で暮らし、仕事を持ち、家庭を持ち、その上で限られた時間の中でバンドをやっている。
「いかにスムーズに進めるか?」
「いかに楽しく進めるか?」
そのためにはとても大切なことです。

この部分を菅沼君はかなりカバーしていてくれた事を感じます。
ここがNew DR.SNUFKINの改善、成長のポイント!

そういうのをひっくるめて、「新たな出発」になるのです。




■2009年7月号      初夏を迎え                               NO.99
  6月28日のライブをもってすがちゃんが脱退しました。

彼からその気持ちを聞いたのは、一年前の7月12日、
ハックフィンファクトリーでのアコースティックライブに手伝いとしてついてきてもらった日の帰りでした。

細かな話の内容は胸にしまっておくとして、その時の彼はとても神妙な面持ちで、考えて悩んだ末の「結論」であることを感じました。

全力をこのバンドに注いでくれている。
全力でなくてはやれないバンド。
これからの人生・・・。
そんな事を感じ、考えました。

それからは無理言って、作りかけていた曲達を仕上げ、レコーディングし、スタジオを重ね、ライブも続け・・・。
ホント、無理言ったな~。
ゴメンゴ!

でも、この日まで情熱を注ぎ続けてくれた。 と思っている。
「ありがとう!」、だ。
それ以外にない。

これからはツーリング仲間として旅に出たいと思ってる。
あながち本気で。
いや、スキーもやりたい。
あっ、自分がやりたいことに巻き込んでしまう・・・いけない、いけない・・・。
いけないなー、オレ。
前ばっか見てるから。

彼の功績はでかい。
それに恥じぬよう、明日にむけて進んで行きたい。
新メンバーを迎え、ひとつひとつ作り上げていこう!!!
すがちゃん、お疲れ様でした!
ありがとね!




■2009年6月号      「出来たぞ!」                             NO.98
何だかんだの日程の中レコーディングを慣行し、グーフィー・エンD氏の力を借り、遠方かつ多忙なメンバー同士が時間と力を合わせ、悩める男「菅沼」の葛藤もひっくるめ出来上がった(魂をブチこんだ!)今作、「SONGS」。
間違いなく、「この」タイミング以外ではできなかった内容、作品だと思います。
「今」のDR.SNUFKINだと思います。
これまで僕達はBadNewsRecordsより作品をリリースさせてもらってました。
昨今、「CDなんてすぐ出せる」的なことをよく言ったり聞いたりします。
この言葉には色々な意味があると思いますし言い得ていると思います。
が、大小はあれども確実にお金はかかってます。確実にお金が必要です。
そしてそこには色んな人間の「気持ち」がこもっています。
僕にはデザインをしたりCDを作るノウハウがありません。時間があればできるコトなのかもしれませんが、ありません。
できれば信頼できる人に任せたいと思ってます。
そして信頼できる方達とともに作り上げることが楽しいと思ってます。
力やアイデアを貸してもらいたいと思っています。
自分以外の脳との化学反応が新しいものを作り出します。
不確定な段階から快くリリースを引き受けてくれた遠藤君。
Rec中、色々なアドバイスやコメントを頂いたモガ・サカグチさん。
デザインをしてくれたハジメ君(「camp site」もね!)。
そして力を振り絞ったメンバーの皆。
すがちゃん。
皆さんに感謝です。


追伸 自己のHP日記をサボりつつ、こんなコラムを6月にやっておりまっす。
http://www.loft-prj.co.jp/




■2009年5月号      少し落ち着いたかな・・・                       NO.97
すがちゃん後のニューカマーとのスタジオは、彼が三重県松阪在住ということもあり、名古屋で入ってみたりする日々(相変わらず豊橋メインですが・・・)。
するとそこは、ノットリやiGOが普段利用しているスタジオのようで、早速ご対面!
いいですね!
スタジオへ向かう同中もまたよし!
いつものライブテンションで名古屋に乗り込み、顔を合わすのとは違って、なんか「普通」な「日常」な感じでいいです。
いいと思います!
なんだかんだで、近いですから。
で、スタジオが素晴らしい!
料金はやや高めですが、素晴らしき環境です。
どんな曲が生まれるのでしょう?
いや、その前にニュウカマー氏にまずは慣れてもらわないと。
楽しみだね~!
豊田あたりでもスタジオを探してます。
5月はライブ1本!
15周年企画第一弾が待ってます!
お楽しみに!!!




■2009年4月号      少し落ち着いたかな・・・                       NO.96
  年度末&年度初めの日々を乗り切れたのか、
やっつけたのか、はたまた取りこぼしてるのかは定かではありませんが、少しだけ落着きを取り戻した感があります。

すがちゃんの後任となる若きベーシストと4月の初めにスタジオに入りました。
楽観はしていませんが、人柄も含め「いいヤツが来てくれた!」
という思いです。

なんとかいけるぞといった思いです。

で、ミニアルバム・5月末の発売を目指し、9月頃からレコ発ツアー的な事を目指し、年末スペシャルができたら・・・(これは願望として)。

まあまあ、あせらずに。

それでいて間隔を開けずに動いていけるかなと思っています。

日差しも暖かくなり、日中は汗ばむようになりました。
多忙&体調配慮の為、やや禁酒気味の生活でしたが、めでたく解禁でしょうか?
思い起こせば数か月前・・・「詩を書く」という行為が日常の中に全く取り込まれてないここ数年の生活サイクルのため、悪戦苦闘のRec日程を送ったばかりでした。
僕は何かを学び、次に生かせるのでしょうか?
アルバムリリースに向けては、少なくともあと7曲~は作りたいのですが・・・。

最後にいつもの持論を展開させて4月の日記を〆たいと思います。

楽曲は「うんこ」だと思います。
「いい」とか「悪い」とか言うものじゃありません。
その評価は第三者のみ出来ることです。
たかが「うんこ」、されど「うんこ」。そのように出て来たのだからしょうがない。
あるがままに「うんこ」。我慢しても無理があります。
無理しても出る時はでるし出ない時は出ない。
踏ん張りが必要な時もある。必要ない時もある。
人が何と言おうと、愛おしく感じる時もある。
人が何と言おうと醜く感じる時もある。

5月末に発売予定のミニアルバムはいったいどんな「うんこ」でしょうか?
お楽しみに!




■2009年3月号      問答無用な忙しさ・・・                        NO.95
mixiの日記では忙しさの言い訳説明をしていますが(涙)、とにもかくにも多忙です。
年度末とはこんなものかな・・・。

仕事の関係では介護保険法改正→4月施行のため、まだはっきりと降りてこない国からの改正内容や、その解釈(ここが重要!)を見定め、事務的な書類等々を作り直し(と一言で言ってはみましたが、大量ナリ!)、ご利用者さんへの書類を作成しなくてはいけない時期。
そんな矢先、スタッフの退職や体調不良で人手不足・・・。
体調不良はしょうがないとしても、退職までの流れは色々と労力を要しますな・・・。

「これ以上オレをハゲさすな!」

3月中にRECします。
5曲入り作品を仕上げます。
ラスト1曲の歌詞は・・・昨日、完成の運びとなりました(祝)
よかったね、オレ。
こいつに関しては、まったく歌い込んでいませんので、当日叫び散らして乗り切る予定です。
リリースしてくれる相棒も決まりましたよ。
ありがたいことです。
おいおいとお伝えしまする・・・。

でも、なんでこんな忙しい時期にRECすることにしちゃったんだろう?
あ、オレのせいだ!

ライブも3本あります。
でも、なんでこんな忙しい時期に3本入れちゃったんだろう?
だって、全部楽しそうなんだもん!

ホント忙しい。
でも、だからこそ家族やバンドのメンバーや仲間達に感謝したい。




■2009年2月号      日々の徒然・・・                            NO.94
1月末に大阪でレコーディングを行い、ざっくりとカタチが見えてきました。
某オムニバスへの参加曲が1曲、最近ライブでやってる2曲が完成。
残り3曲はワタクシの歌詞&歌を待ち、モリケンのギターを重ねて完成を見ます。(3月末予定)
そこから先、つまりジャケットや盤面のデザイン、プレスの事などなどを考えないといけません。
いやいや、まずは歌詞を書かないといけません。
いやいや、いやいや・・・。

時間の流れって早いです。
日々、忙しく仕事をしています。
このご時世にありがたいことです。

仕事を終え家に帰ると一歳を過ぎた息子が待っています。
日に日に成長し、つかまり立ちからつたい歩き、今では部屋中を自由に歩き回るほどになりました。
そんな息子からの襲撃をかわしながら夕食(晩酌)を終えるとすっかりといい時間です。
ほろ酔い気分と、一日の疲れが重なり、睡眠への加速度を一気に増していきます。
「よし、歌詞は明日がんばろう!」 そうやって、日々が過ぎていきます・・・。
いやいや、単なる言い訳です。
いやいや・・・

久々に地元の友人達と飲みに行きました。
とても有意義でした。
「子供ができた」「家を建てる」「飲みすぎで体を壊した」「結婚したい」「離婚した」「養子に入った」・・・
皆、それぞれ悩み、頑張っています。
そして共通の意見は「仕事を終え家に帰ると、メシ食って飲んで・・・あとは寝てしまう」でした。
「だからお前みたいに長く続けてる趣味(バンド)があるってのはうらやましい」と。
いやいや、まったく同じですよ。
いやいやホントに・・・

2月はライブがありません。
なんだか歌詞が書けそうな気が・・・と、夢を見ています。




■2009年1月号      2009年です                              NO.93
喪中のため新年のご挨拶は控えさせて頂きます。

さて、新しい年となりました。
昨年末より「不況」、「リストラ」と世の中の不景気を示すニュースが続いています。
派遣社員の方達は住まいも追われ、路頭に迷い辛く大変な年越しだったと思います。
愛知県は自動車産業関連の事業所が多いため、「派遣を早期で切られた」といった話はリアルに身近で起こっています。
一方で、外国人の方達もたくさん働いております。
いつの頃からか、「3K(キツイ・キタナイ・キケン)」と呼ばれる仕事、そういった大変な仕事(ってか、そもそも大変じゃない仕事なんてあるのか?)が敬遠されるようになり、外国人の方達が支えるようになりました。
「生活のレベルを昔の時代に戻せばいい」と簡単に思ってしまいますが、一度味わった便利さを戻すことは難しいと思います。
そもそも生活のレベルとは?満足のレベルとは?
きっと青天井だと思います。

企業も大変だと思います。
あのTOYOTAがこんなに早くリストラを発表するとは思いませんでした。
そんなに体力がないのか?と。
「F1やる金があったら俺たちの雇用確保にまわせ!」
「会社がつぶれたら、もっと深刻な社会問題だ!」

戦後の経済成長の頃、公害や長時間労働などでで苦しんだ方達。その経験を無駄にしないため職場の環境衛生や労働条件が整えられました。
整えて良かったこと、悪かったこと。
守られて得たもの、失ったもの。
社会のせいばかりにもできない問題が、僕達一人一人の心の中にもあるんじゃないか・・・と思ったり。
いやいや、「日本をなんとかしてくれよ!」と思ったり・・・。

簡単には言えないけど、
とにかく「元気」に行こうよ!
なければ「創る!」くらいの気持ちで!
2009年も楽しんでいきます!







© 2001-11 TIPLAN RECORDS ALL RIGHTS RESERVED.