ボーカル戸澤の問答無用日記


■2008年12月号      S I W A S U                             NO.92
今年の12月は寒いらしいですよ。
朝、布団から出るのがおっくうな季節になりました。
昨年あたりから、この時期は夜10時を過ぎると眠たくて仕方がありません。
幸い、ライブの時は大丈夫ですが。

いや、眠いかも・・・。

最近は8時間睡眠をキープしています。
年末スペシャルが迫っています。
自分達が出来得る全てが出せればそれでよし。

ライブができる事への喜びを噛み締め、やりきる事ができれば、今年を気持ちよく締めくくる事ができるでしょう。

小学校の同級生と鍋でもつつきたいな~、とも考えてます。
年末は息子の1歳の誕生日もあります。
年末年始のお休みには、京都のラーメンを食べに行きたいな~、とも考えています。

気持ちのよい「節目」が迎えられるよう、のんびり行きましょう!

皆様、よいお年を!




■2008年11月号      晩秋                                  NO.91
いいかげん半袖のポロシャツで出勤するのをやめました。
もうそんな季節です。

インフルエンザの予防接種を受けてきました。
もうそんな季節です。

職場の「大掃除予定表」を作成、各担当者を決めました。
もうそんな季節です。

職場の忘年会の日程を決めました。
もうそんな季節です。

年明けのレコーディングの日程を決めました。
もうそんな季節です。

晩酌のビールがお腹にこたえるようになってきました。
もうそんな季節です。

新曲ができていますが、歌詞が全く書けていません。
年がら年中です。

最近、わが子がベビーベッドで寝るのを嫌がるようになりました。まずはベビーベッドに寝かしつけるのですが、眠りが浅くすぐに起きてしまい、気が付けば隣で一緒になって寝ています。
いいもんです。

一年前は二人で暮らしていた我が家も、今ではリビングを+1が這いまわっています。
いいもんです。

かと思えば、だんだんと年老いてきていたじいちゃんは、今はいません。 庭先に出て、蛍族よろしくプカプカやってると、秋の虫の大合唱が佳境に入ってきた感じがします。 なんだかいつもと違う音に聞こえるような、いつもと変わらぬ音のような・・・。

年末スペシャルが迫っています。かなり空ぶかし気味で肩にも力が入っています。
もうそんな季節です!

みなさん、遊びに来てくださいね!!!




■2008年10月号      秋の夕日に・・・                            NO.90
秋だな~と、読書でもしようかと思い本屋に行きましたが、何を読もうか決められません。
やはり「飲食の秋」を突き進むのでしょう。

バンドをやり続けていると、色んな人に出会います。
10年以上前、よくライブに来てくれてた人と再会したり、お付き合いをしていく中で徐々にその魅力に惹かれるバンドと出会ったり、大阪のライブハウスのブッキング担当だった人の結婚式二次回で歌を歌うことになったり、二十歳の頃に憧れたバンドと一緒にライブができたり、二十歳離れた子達と一緒にライブやったり(笑)、
「すげーバンドだなー」なんて思ってたらすぐに解散しちゃったり、自分達のことを応援してくれて度々ライブに誘ってくれる人達と出会えたり・・・・・。

みんなそれぞれ月日が流れ、環境も変化し、事情もいろいろあるでしょう。
そんな中でバンドがやれて、ライブがやれている事に感謝します。

秋は一番好きな季節です。




■2008年9月号                                            NO.89
やっと2曲目の新曲ができました。

歌詞がのっかるとずいぶんとその姿が明確になります。
「スパッ」と目の前の霧が晴れた感じがします。
メチャクチャに切ない歌詞がのりました。

「人生なんてお天道様が瞬きをするほんの一瞬だ!」 だから好き勝手やって
メチャクチャにやってやれ!ということではない。
だから刹那ではない。
切ないのだ。

日々、色々な事があり、笑い、喜び、悩み、苦しみ・・・日々に一喜一憂し。
どうにかなったり、どうにもならなかったり。
思うようになったり、思うようにならなかったり・・・。

僕はよく「ただ、ただ、行く・・・」というフレーズを歌詞に使います。
この一言に尽きるからです。


北野武監督が今回の映画について「基本的にアートというものは成功しなくても、続けていくことだけが価値があるという話です」と言ってました。
これは映画の内容についての説明であり、北野氏自身の考えや哲学であるかはわかりませんが、僕はそう思っています。

日々の生活も同じ、夢や目標に向かって努力することも同じだと思います。
こつこつと(と言うとおっさんくさいですが・・・)、ただただ日々を営んでいく。

何かと「平等、平等」と言い、運動会の徒競走では順位をつけないそうですが、世の中に出れば自分の思い通りになることなんて少ないわけで。
というか社会で他者とかかわりを持って生きていく以上、ともに生きていく以上、自分の意思を100パーセント通すことはできないわけで。
そういう意味では、日々負け続けるんです。

勝つのは1%くらいでしょ?

勝つとか負けるとか言うとややこしくなりますが・・・、勝つとか負けるとかはどうでもいいんです。

自分自身のやりたいこと、やるべきこと、家族、仲間との日々を、
「ただ、ただ、行く・・・」 と、いうことです。




■2008年8月号      空けない夜はない                           NO.88
暑い日が続きます。みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

毎年毎年、「今年は暑い!」
と言っているような気がしますが、ホントーに今年は暑いと思うけど、どう?

さてさて、ご案内の通り、ベースのすがちゃんが来年の6月頃をめどに脱退する事になりました。
今のDR.SNUFKINにとって彼の存在は大変大きなものです。
このバンドのでっかい柱である事は間違いありません。

ですが・・・
前々から何度かお話ししたこともあるかもしれませんが、バンドは「奇跡の集まりだ」!
と、僕は思っています。
その人にしか出せない「音」や「空気」が必ずあって、それらが偶然にも絡み合って、変化を起こし、楽曲やライブを創出する。

そしてメンバーそれぞれに生活があり、人生のビジョンがあり、スタンスがあります。
ありとあらゆるものが絡み合って成り立つのが「バンド」なんです。

そこにあるのは、「このバンドをやりたいんだ!」という気持ちひとつです。

当然、「強制」だとか「強要」だとかされてやるもんじゃないし。
それぐらい「奇跡」が集まって成り立っていると思っています。

人生の中の大切な時間を「何にどれだけかけるのか?」
それは、それぞれです。

本当に本当に残念です。

でも、しょうがない。

こればっかりはしょうがないんです。

今、できかけている曲達をなんとか音源としてカタチにしたいと思っています。
もちろん、ライブもやります。

その時まで、全力で走ってくれる事と思います。
ともに素晴らしき朝が迎えられることを願います!




■2008年7月号                                           NO.87
7月です!

夏です!

空はどんより曇り空ですが、「明けない梅雨はない!」のだ。

ライブもそろそろと決まってきてますよ。

7月は12日(土)ハックフィン・ファクトリーにてアラキ君とのアコギライブ。
26日(土)は横浜FADにてノットリ&BEEF&トレマ。
8月は、16日(土)ハックフィンにてファインラインズ。
31日(日)は大阪・十三ファンダンゴにてイージー&グーフィー&コンストラクションナイン。
9月は・・・ラハイナでのイージー・レコ初&ハックで、憧れの「神」と!
10月もハック。
11月はラハイナ&沼津WAVE。

そして年末は・・・    

今年もやっちゃう?         

やるしかないでしょ?               

年末スペシャル!!!

こりゃ、がんばんないとね!

さしあたって、ただいまNEW Tシャツのデザイン中でございます。

新曲も作ってますよ・・・。

これが一番大事。




■2008年6月号                                           NO.86
5月末、祖父が他界しました。

92歳でした。
家族にはすこぶる厳しい人でしたが、人当たりは柔らかく、自分が物心ついた頃には、仏様にかかわる書物を書き写しては、近所の人達に配っていました。
近所のお寺の役員を熱心に20年間務め、信心深いおじいさんでした。

6年前、我が家のすぐ裏を流れる豊川(とよがわ)に新しく橋がかかり、その記念式典では県知事や県議、市議会議員さんとともに、地元の3世代家族(じいちゃん夫婦・息子夫婦・孫夫婦)が3組選ばれ、ありがたいことにその中に我が家も選ばれ、渡り初めをしました。
その時の記念写真は部屋に大切に飾られています。
よほど嬉しかったのだと思います。

自分がバンドを始めた頃は、軽トラをブイブイと乗り回し、畑に出向いては作業をしていましたが、ちょうど渡り初めが終わったあたりから、足腰が弱くなり、庭先で転倒し大腿骨を骨折してしまいました。

それからは、一人で歩くことや家での入浴も難しくなり、我が家で営むデイサービスセンターを利用するようになりました。

そんな経緯で、晩年は祖父とかかわる時間も多くなり、ある時、「なぜ熱心に仏様の事を書き写すのか?」と尋ねると、
「戦死していった仲間達を少しでも弔うためだ」と涙をうかべて話してくれました。

何が問題なのかさっぱり分からない、「靖国モンダイ」などのニュースは、やりきれない思いがあったと思います。
ただ、そういった事を言葉に出す事は一度もありませんでした。
この世代の方たちは、グッと心にしまっているのでしょう。

晩年、祖父の様々な顔を見ることができ、嬉しく思います。

天国へ無事に行けますように。

さよなら、おじーちゃん!




■2008年5月号      ・・・な事ばかり                            NO.85
また、アメリカからの輸入肉(吉野家)に危険部位が混入してた・・・。
たのむぞ!
いい加減すぎるぞ!
オレと吉野家との歴史的和解は何だったんだ?
もっとはっきり「NO!」と言ってくれよ!
頼むよ!

中国産餃子・薬物混入・・・。
あの話はどうなったんでしょうか?
全く解決しないまま、全く納得しないまま、全く安心できないまま、時間だけ過ぎています。
中国製の食品を食べなきゃいいんだけどね・・・。

中国側は「自国で混入した可能性は極めて低い」と、お得意の強引な幕引きをはかってます。
日本の警察の調査と全く逆の結果を報告しています。
自国をひいきするわけではありませんが、中国の言ってることは常識的に考えて無理があるように感じます。
それを平気でいいのけてしまうとこに疑問以外の何ものこりません。
自他共に認める「世界の工場」となったわりに、こんな幕引きの仕方ではあまりにも程度が低すぎる。
自覚してくれ!
他国に謝罪ばかり要求してないで、真実をちゃんと受け入れて対応してくれよ!
「真実は闇の中」ってのが狙いなんでしょうが・・・。

後期高齢者医療費制度 少子高齢化が進んでます。
誤解を恐れずに言わせていただけば、確かにこの国の高齢者の医療費は大きな額だと思う。
それを現役世代だけで支えるのは限りがあるし先が見えてる。

TVでえなり君が「高齢者の医療費をタダにします!」って言ってたけど、昔それでえらいことになったでしょ?
聞こえはいいが、現実味がない。
「タダだから」って、病院関係者は薬を持ち出し服用するし、医者もバンバン薬を出すし、受診もガンガンできるし・・・。何でも「タダ」ってのはよくないと思う。
「よってたかって」ってなったら続かないし崩れちゃう。

それとは別で、本当に苦しんでいる方や経済的に苦しい方を保障することはもちろん大切だと思う。
年金からの天引きはキツイとも思う。
と同時に、年金の支給自体がみえない自分達の時代はもっと凄い事になるんだろうから、一概に「反対」もできない。
方向は間違ってないと思うが、見直しは必要だと思う。
何より、説明があまりにも無さ過ぎるのと、始めるのが急すぎる!
役所が対応できてないじゃない!
年金もそうだけど、払うのが当たり前のように督促状が送られてきた(フリーター時代)に凄く疑問に感じた。
どういった制度なのか?どんな仕組みになっているのか?って、説明聞いてませんけど。
「義務」ならそれで結構。
その理由と説明をしっかりしろよ!
「THEお上!」的な仕事っぷりが、現在の年金問題に通じる。

ありえない。

聖火リレー 長野での聖火リレー。
自国同様、数の力と暴力で少数意見を踏みにじる赤い旗を持った人達。
明らかなそちらの国で準備された人と旗。
国策。
それに「ヘイヘイ」としたがうこの国。
ここは中国か?
アメリカの何番目の州だ?

情けない。

かたや手作りの旗やプラカードで必死にメッセージを伝える人達。
逮捕されたのは日本人と台湾人(ともにチベットを支援する人達)で、チベットを支援する人を取り囲み殴るけるの暴行を繰り返した中国集団は誰一人と逮捕されず。
TVでの赤い旗が沿道を覆い尽くす光景に、平和や自由は一切感じなかったし、不愉快だった。

ここはどこの国なんでしょう?
反吐が出る。

先方はオリンピックを成功させたいと思っている今だからこそ、物申すのにはいいタイミングじゃないんでしょうか?

以前、石原都知事が「中国にオリンピックができるのか?」って言ってたことを思い返す。

ぶっ壊された中国の日本大使館も、日本が修理したんでしょ?

オリンピックまでそのままにしておいて全世界の人に見てもらえばよかったんだよ。
壊したのは中国人だし。

物申してくれよ!
小泉さんが懐かしいよ。

「アジアへの強気な外交」って批判的な言い方もされるけど、物申して初めて対等な関係じゃないですか!
それが普通のお付き合い、外交なんですよ。
今まであまりに何も言わなさ過ぎたんですよ。
中国の恫喝的なやり方にいい加減気付きましょう。

謝罪謝罪と他国には迫り、自国の過ちは一切認めない。そんなやり方。

福田さん、言うべきは言って下さい。

間抜けな顔をしてホイホイと中国へ訪問してる小沢さんには到底任せる事なんてできませんから。

何より、ご先祖様に申し訳が無い。




■2008年4月号                                            NO.84
もしあなたの家に突然、銃を持った兵士があらわれて、「ここは今日から我々の土地だ。出て行け」と言われたら、あなたはどうする?

もしあなたの家に突然、銃を持った兵士があらわれて、あなたの愛する家族や恋人を、「今日からオレのものだ」と、奪い去って行ったら、あなたはどうする?

もしあなたの街に突然、戦車に乗った兵士があらわれて、「この道は今日から我々のものだ。勝手に通るな」と言われたら、あなたはどうする?

もしあなたの街に突然、戦車に乗った兵士があらわれて、あなたの愛する家族や恋人が乗った車を踏み潰して走り去ったら、あなたはどうする?

もしあなたが信じるものに対し、「それを信じることは認めない。」と、個人の脳内にまで干渉をしてきたら、あなたはどうする?

もしあなたの国に突然戦闘機にのった兵士があらわれて、「今日からここは我々の国だ。我々の国の言語、文化、宗教、政治に従え」となったら、あなたはどうする?

もしあなたが生まれた地域の言語、文化、宗教、政治を奪い去られ、他のものを強要されたら、あなたはそれでいいのか?

でも、それがまかり通っている。

他国を恫喝し、タカリ、誹謗中傷し、過去の話をいつまでも持ち出し。 それでいて、武力で弾圧し、文化を奪い、宗教を奪い、自由を奪い、現在進行形で戦争を仕掛ける。

俺達には関係ないの?

そんな難しいこと面倒くさい?

他人事?

難しい話じゃない。
少しだけ、自分に置き換えて考えてみよう。
そうすれば答えはすぐに出るよ。

僕達は歌う。

平和を願う歌を。

自由に感謝し、自由を願う歌を。

武力・暴力で押さえ込もうとする力に対して、「NO!」の歌を。





■2008年3月号      弥生3月桜の季節                          NO.83
「梅は~咲いたか 桜はまだかいな~」
「いい季節」と言うにはまだ少し早いですが、確実に春の気配を感じますね。

さてさて、2月は今年初ライブを無事に終えました。
それも、横浜&大阪と遠方にて・・・。
大阪は前入りをして、飲食を堪能しましたよ!
モガの皆様と出会って、しばらくになりますが、
結構ライブの時って時間がないんです
(と言うか、自分が出不精なだけ・・・)。

現地へ向かう道中、高速の渋滞、首都高速等での迷子、
ライブハウス近辺での迷子・・・(笑)

リハーサルの時間までに機材を搬入し、リハーサルを終え、
やっと一息・・・

とりあえず腹減ったってコトで、近場で食事。

リハや出演順などにもよりますが、
本番までの自由な時間は結構短い・・・
他のバンドの人達との貴重な交流時間・・・
ライブハウス近辺の事情に詳しければ、目的地があればいいですが、

探索しながら・・・
となると、車の中やライブハウスで「ゆくりしてよ!」ってなります。

ましてや労働者バンドですので、

「次の日仕事!」ってのはあたりまえ。

よって、打ち上げとかも制限あり。

遠出の場合、宿泊以外は不参加・・・。
だから、出会って長い事になりますが、
坂口さんとゆっくーり話しができたのは始めてかも!

それでいて、おいしいお店を案内していただいて、泊めていただいて、
おいしいお酒をいただいて、
またおいしいお店を案内いただいて・・・。

ひじょーーに有意義な時間でした!
時間は関係ないかもしれません。

でも、こうして膝を突き合わせてゆっくり酒を酌み交わす時間って、
「ライブやって即帰り」とは全然違う。

「時間」ってのも必要だ。と、思った。

なにより、坂口さんはじめモガの皆さんと再会できた事が嬉しかった。
そんな時間を過ごしていきたいな。

坂口さん!

ありがとうございました!!!




■2008年2月号      極寒                                   NO.82
豆は投げたか?!
鬼は追い払ったか!?
2月3日は敷地内の樹木を切ったり、こいだりしてよいとされる、唯一の日だよ!(昔からの言い伝え)
2月はもっとも苦手な季節。

寒い、寒い、サムソンティーチャーはアシュラマンの先生なだって(数年前も引用)

最近は暖かな環境の中で仕事をさせていただいてるので、以前ほど風邪と格闘する事は少なくなりましたが、それでもやっぱりキツイです。
寝る時はもちろんマスクしてます。
寝不足は最大の敵!と、早い時は11時には就寝してます。
それでも普通に喉が痛くなったりします。

それに加えてライブがあったりすると、
ガツンと喉の炎症→鼻水→頭痛→風邪→漢方薬・・・
お決まりコースが待ってます。

そうゆう理由じゃありませんが、やっとこさ本年一発目のライブでございます。


2/10(日)横浜/FAD
w/ TRADITIONAL BOX/ Jr.MONSTER/ WATERCLOSET
/ Dr.DOWNER
開場 18:00/開演 18:30 前売 2000/当日 2500 (D別)



2/17(日)大阪/十三ファンダンゴ
『FOR UGLY,FOR BEAUTIFUL #34』
w/ MOGA THE \5/ F.I.B
開場 18:00/開演 19:00 前売 2000/当日 2300 (D別)




あけましておめでとうです!

大阪は前入りして、モガ・サカグチ師範に食の醍醐味を教わってきます。

新曲をやる予定です。
歌詞がまだありません。
誰かゴーストライターになってください。

本気です。

皆さん、うまいもん沢山食べて、暖かくして、しっかり睡眠とって、体調に気を付けてくださいね!

ライブハウスで待っとります!!!




■2008年1月号                                            NO.81
皆さん、あけましておめでとうございます!

2008年・平成20年・ねずみ年でございます。

年男でございます。
としおじゃないよ、としおとこだよ。

大晦日~新年にむけて、なんとも清清しい気持ちになります。
日本の心が凝縮されているような気がします。
心が洗われるようです。
お仕事の方も沢山みえると思います。

本当にご苦労様です。

さて、みなさんはどんな1年にしたいですか?
節目のこの時期に、今年の目標を立ててみるのもよいかと思います。

ちなみに自分の目標は・・・・・・

仕事にしても、バンドにしても、家族にしても、友人にしても、「自分にかかわる、身のまわりの人達に幸せになってもらえるように、喜んでもらえるように」したいです。
身近な人達が喜んでくれるような、楽しんでくれるような曲を作り、ライブができたら・・・と思ってます。

仕事や家族・友人も同じ。
身近な人達と幸せを共有できたらと思います。

新年くらいは、ガラにも無い事言わせておくれ。

今年も1年よろしくお願いします!!!







© 2001-11 TIPLAN RECORDS ALL RIGHTS RESERVED.