ボーカル戸澤の問答無用日記


■2005年12月号      師走                                   NO.56
怒涛の2005年もあと1ヶ月。
時間がものすごい速さで過ぎていきました。

1月9日の大阪で幕を開け、12月4日で今年のライブは終了。
年間34本(たぶん・・・)のライブをしました。

愛知万博や大阪の野外フェスなど、ついこの間の事に感じられますが、スケジュール
帳を見直してみると、時間は過ぎてるんですよねー。
確実に。
で、確実にそこに何かを刻み込んでるんですよ。

人生には節目があって、ターニングポイントがあります。例えば、昨年はDR.SN
UFKIN10周年でしたが、もう1ヶ月もすれば12年目になります。
節目には振り返ったりもしますが、それ以外はただ前を見ています。
1日1日が常に初めての経験であり、家族や友人、周りの仲間などいろんな人たちに支えられて成り立ってます。

ビークルのヒダカさんと話してて感じました。
ものすごいパワーです。

で、もっと楽しい事をしてやろうと思います。
どこに楽しい事があるか、どうすれば楽しいかを、さらに貪欲にマイペースで追求していきたいです。
今までもそうしてきたし、これからも変わりません。
日々そんな刺激ばかりです・・・。
ありがたい事に。

あとは、年齢を言い訳にしないようにがんばりましゅ!





■2005年11月号      シーズンイン                              NO.55
秋の深まりとともに、今年も早速と風邪をいただきました。多少の夜更かしはありましたが、鼻水から始まり、のどの違和感、咳、たんへの王道を進んでいます。
嫌煙家、または医療関係者には怒られるでしょうが、タバコがまずいです。
はい。
吸ってます。

年齢でしょうか・・・。とにかく、昼夜の温度差が答えます。
皆さん、気をつけましょう。

そんなこんなで、10月は過ぎました。イージーのレコ発ライブ、名古屋でのノットリとのライブ、東京でのBAD NEWS NIGHT、渋谷でのクーラー・ショートサーキット・グーフィーとのライブが、唯一の外出というか娯楽、行楽と言いますか・・・お楽しみでした。
なもんですから、時間が過ぎるのが早い!

そーこーとしてるうちに、キムラソウ DR.SNUFKIN での時間も少なくなってきました。
BBSなどでも温かいメッセージを頂き、ありがとうございます。
12月は現在作成中の新曲をレコーディングする関係上、ライブは1本。
つまり、そこがキムラファイナルになります。
寂しくもあり、レコーディングへ向けての期待感もあり、全くもって頭の中の感情も忙しさに追われている時期ですが、じっくり楽しんでいこうと思っとります。




■2005年10月号      秋刀魚食った?                            NO.54
9月はあっという間に過ぎていきました。
夏の余韻を感じつつ、朝晩は心地よく、朝方は寒くて起きてしまうこともあります。
1年のうちで1番温度差がある時期だそうです・・・。
そりゃ風邪ひくよ・・・。
まずもって最高なのが、よく寝れますねー。
夜は虫やカエルの鳴き声を聞きながら、秋の夜風が眠りを誘います。
朝は朝で、夏のように部屋が蒸し風呂になることもなく、快適。
心地よく眠りにつき、心地よく目覚めるってホント大切なんだなと実感します。
1年中こんな気候がいいな。

次は食事。これもなぜかおいしく感じる。秋刀魚!今年は安いとか・・。
秋刀魚美味いねー。秋の刀の魚でサンマですよ。KANJI is ビューティフォー。

行楽。
これまたいい季節!何で万博終わっちゃうの?これからがいい季節じゃん?
アテンドネーチャンともっと話したかった。

ドラゴンズ。
今頃、最後の盛り上がり、首位決戦をくりひろげてると期待してました。阪神の圧倒的な強さというより、中日が勝ちきれてない、どうにも燃えきらない感じで残念ですよ。
これも秋の楽しみなんですが・・・。
夏があるから、また秋が引き立つ。
服やフトンなど、準備は終わってますか?




■2005年9月号      夏よさらば                                NO53
2005 俺たちの夏が終わろうとしています。
プールや海へは行けませんでしたが、船上で花火見ながらライブしたり、いとこの家でBBQ&流しソーメンやったり、広島へ行ったり、近所のちびっ子とキャッチボールしたり、セミ捕ったり、なんやかんやと楽しかったです。
人の幸せって何でしょうね?何をもって幸せなんでしょうね?満足感でしょうか?何の満足?
人生の中で楽しい時間てどれくらいあるのでしょうか?
「おいしくご飯が食べれて幸せ」
「ゆっくり寝れて幸せ」
「行きたいトコに行けて幸せ」
「好きな人がいて幸せ」
「ライブやって幸せ」
「曲作って幸せ」
・・・・・・・・
それぞれですねー。
ホント個人個人で違うんでしょう。
僕は、忙しい合間に色々と楽しめたんでよかったです。
きっと人間はただただ、ひたむきに生きていくんですね。ホント「ただ、ただ」です。

そんな中でみつけた喜びや楽しみが、幸せを感じさせてくれるんでしょう。
月並みな話しかもしれませんが、戦時中は白い米が食べれただけでも「幸せ」と感じたかもしれません。
とか言いつつ「今が幸せ」と言ってしまうと、そこで終わってしまう気がしたり・・・。

でもやっぱ、何かを羨んだり、恨んだりしながら生きるより、前を向いて楽しく笑って日々に幸せを感じて生きてくのが1番いいなー。

夏を追っかけて、追えば追うほど逃げてって。秋の気配が近づいてきました。
夏=祭り 祭りの後の寂しさ・・・。
さよなら水着ギャル・・・1度も会えませんでした。って船上で囲まれてたか。
いやそれは違う。違わない。ワケわからん。

でも秋大好き。DR.SNUFKINは秋が似合う!
秋のライブシリーズ開幕!




■2005年8月号                                            NO.52
暑い暑い夏がやってきました。
プールが、海が、水着が恋しい季節です。
今年は水に入る!

さて、当ホームページでも発表してますが、ドラムの壮君が年内で抜けることとなりました。
大事件ですよ。
最近のDR.SNUFKINはやってて非常に手ごたえがあるので、新曲も完成しつつあり、音源も見えてきそうな感じもありで、楽しみだったのですが、こればっかりはなるようにしかならない。
まさに問答は無用です。

色々考えて出した答えを、僕らにどうすることができようか。
そもそもバンドは奇跡の集まりです。
その存在自体がまず奇跡。
その一人ひとりの他人が集まって、一つの音を出す。
その一人ひとりにはまたそれぞれのバックグラウンド(生活とか好きな音楽とか、個性とか)がある。
細かな人もいれば、おおざっぱな人もいる。
そんなそれぞれが集まってるんだから、10年続けりゃ一昔だ。

その中で、この人はこの道を選び、あの人はあの道をえらび、その人はその道を・・・。となる。
DR.SNUFKINは僕にとって最高のおもちゃであり、僕自身である。そしてウンコであり宝である。

選択は無限にある。
DR.SNUFKINも無限である。 
まずは年内いっぱい、完全燃焼だ!それができなきゃ何もできないよ!

オレのこの夏は、ロックとプールだ!




■2005年7月号                                            NO.51
今年の梅雨は何なんだ?
湿気あり。雨なし。
大丈夫かプール?大丈夫か田んぼ?大丈夫か水道?節水か?

愛知万博に行って来ました。
夕方5時からのチケットで。そのチケット買うのに4時から並んで。
買ったら今度は別の入場待ちの列に並んで・・・。大変だねー、ホント。
中に入れば企業パビリオンは2~3時間待ちだし、「本日はもう入れません」なんてとこもあって。
それでもって会場の広いこと!そして人の多いこと!
とにかく歩きまわりましたが、まわりきれませんでした。足はパンパンですよ!

休憩がてらスリランカだかなんだかのカレーを食べましたが、いわゆる香草の料理で、トザワげんなり・・・。ビールでごまかし何とか乗り切る。
その後更に歩きまわり、閉園間際に再び食事。
今度はブラジルの店で、ポテトとチキンフライ。こちらは普段食べてる感じな味で、ご機嫌でビール!
その後おみやげ屋へGOするあたりI am JAPANESEですよ。そこもまた人・人・人。

結局のとこ、楽しかったです。要するに。でっかい会場にでっかい建物、たくさんの人・・・。
それだけで楽しかったよ。コンパニオン(そう呼ぶのか?)のオネーチャン達も綺麗で・・・。
そればっか見てたようで奥さんに怒られました・・・。
でもって、そんな働いてるネーチャンに、外国館のスタッフが歩み寄り何やらひそひそ話し。
「今日どこそこで、スイスのパーティーだって」
「OK」
みたいな会話。
10時の閉園後はきっとそんな異文化交流が全開で繰り広げられているのでしょう。
長久手界隈は・・・。
なんか「パーティー」って響きいいなー。
生まれてこのかた、パーティーとは無縁だったなー。
小学校の誕生日パーティーくらいで。
しかし「パーティー」って何だ?よく考えたらそんなもん行ったことないなー。
楽しそうだなー。ものすごい妄想が膨らんできたぞ!

きっとすごいことになってるぞ!

乱れてるぞ!

だれか!パーティーお願いします!




■2005年6月号      週末スパーク                                 NO.50
5月はなんか忙しかった。
GWの豊橋公園野外ライブに始まり、車を乗り換え、三重県伊勢へのライブ。
リハ後、伊勢神宮おかげ横丁では、伊勢うどんを食えず!
しかし激ウマわらじかりんとうをゲッツ!
その後23号線沿いの店で伊勢うどんにありつき大盛りをいただく。
それでもこりずにスーパーで伊勢うどんを買おうとするが見つからず、泣く泣くライブハウスへ戻る。
悔しさをぶつけるべくライブは独りよがりのスパーク!
反省しつつ打ち上げスパーク!出演してなかったにもかかわらずヘブンズアウトの村井家に泊まらせていただくというごう慢さ!さらにビールをごちそうになりながら、「おみやげに伊勢うどんを買えなかった!送ってくれ!」と頼み込む。
もちろん誰よりも早く布団に入り、翌日は最後に起床。
メルトリー。チャンシー君。ヒサキ&ユウコちゃん(うどん送ってくれてありがとう。今度ちくわ送ります)。彼女のできたナオキ君。みんなにお世話になりすぎました。僕。

で、翌日は豊橋ラハイナにてルーズリーレコ発のため午前11時帰郷。
途中伊勢湾岸道路の刈谷SAにて観覧車発見。
すかさず立ち寄る。
「デラックストイレ」なる前面がガラス張りのトイレに若干戸惑うも、水漏れがひどく、ちょっちげんなり。

豊橋到
着後はリハを終えると同時に、ラハイナ近所の回転寿司屋へ。
実に満腹。溜め込んだエナジーでライブはスパーク。
22日はラハイナにて、アコースティック(まさに独りよがりの弾き語り)。DR.SNUFKINの曲の他、奥田民生・長渕・YUIの曲をスリルいっぱいにPLAY。お客さんドキドキ。僕もドキドキ。

28日は横浜FADにて、トレードマークのシングルレコ発に参戦。
ビークルのクボタ君も合流し中華街を案内していただき、おいしい中華をいただきまして、有名なお寺までつれてってもらった。
彼らは実にすばらしいバンドだ。こころ洗われる神聖な雰囲気のライブだった。
が、DR.SNUFKINはいつもどーり苦い汁を放出した。神聖さとは程遠い汁を・・・。

翌日は岡崎にてライブのため、「打ち上げはそうそうに」なんて言いながらも、別れを惜しみつつ午前2時頃横浜を出発。繰り返しますがトレマ、イイバンド。

朝6時過ぎ豊橋到着。
岡崎集合11時30分との事で、「10時過ぎに出発しよう」
とメンバーと別れる。帰宅し寝る・・・。うとうと・・・。ウトウト・・・。
玄関のチャイムが鳴り目を覚ます。時計は11時をさしてる。あわてて玄関をあけるとモリケンとスガちゃんの姿が・・・。「先に向かってください・・・」。ちなみにキムラーも寝坊。だめな寝坊2名、急いで向かう。

岡崎の限界破滅GIG。ホントにすばらしい場所です。
みんな音楽を・PUNKを愛する気持ちにあふれた手作りの空間です。
全バンドホントにかっこいい。だいちゃん、ありがとう。
警察や近所の苦情など、あるようでしたが、どうか、続いてほしい。
あの公園でモガのライブ・・・。実にあがった。昇天。最前列、エッさんの目の前。
大声で歌わしてもらった。時間に制限ができたせいか、いつも以上に坂口さんがビシ
ビシにきてた。西谷君もユッケちゃんもきれてた。そしてそれを取り囲む限界を愛する群衆。
最後のキープアウェイまで全編全開。僕の限界はとうに超えてました・・・。最高。

んー、5月。ハード。







© 2001-11 TIPLAN RECORDS ALL RIGHTS RESERVED.